多機能型就労支援施設(移行・継続B型) 社会福祉法人 一麦福祉会

ワークスみぎわ

  • HOME »
  • ワークスみぎわ

多機能型就労支援施設(①就労移行支援 ②就労継続支援B型)

  • 定員:20名(①6名/②14名)
  • 活動:
    1. 木工作業 パズル、組木、装飾品、玩具、家庭用品等の製作
    2. 紙すき・手芸作業 牛乳パックを再利用して、絵手紙・押し花カード・はがき・名刺等の製作、刺し子等手芸品の製作
    3. 農作業
      隣接地を利用して、計画的に農作業に取り組み、野菜,花、果物等の栽培をします。秋には農作業の後、芋煮会を行ないます。
    4. 施設外就労
      公共施設や企業等での施設外作業を請け入れます。
    5. その他受託作業等
      利用者の適性に応じた外部からの委託作業を請け入れます。

ワークスみぎわの概要

  • 「ワークスみぎわ」は、障害を持つ人に、自活のための職業訓練と生活訓練の場を提供し、社会参加を実現することを目的とした多機能型就労支援施設(就労移行支援、就労継続支援B型)です。利用者は毎朝、電車等で通勤してきます。
  • 訓練として行う主な作業は、木工品(パズル,組木、装飾品、玩具、家庭用品等)の製作、紙すき・手芸作業、刺し子等手芸品の製作等です。木工作業は、自己開発できるものに重点をおき、利用者の発想や考えを生かした製品を作成しています。
    働くことを通して自然を見つめ、農作業にも取り組み、四季を体感しながら、実りの喜びを味わうことのできる場を作ります。その他、施設外就労、その他の受託作業も行っています。
  • 年間行事として、クラブ活動(調理・スポーツ・アウトドア・リトミック)、ボーリング大会、ぶどう狩り、ミニ・レク、工場見学、社会見学、各種バザーへの出店、オープン・ハウス「春の木工屋さん」などを実施しています。

「ワークスみぎわ」は、働く場を作り仕事を与えるということに主眼をおくのではなく、一人ひとりの能力に合った仕事、体に適した作業を見つけ、働くことの喜びを共有することができるように努力するとともに、施設という枠を作りその枠に合った人を作るのではなく、一人ひとりが自分の能力を発見し、それを伸ばし、充実した生活をおくることができる場を作ることに努めます。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP

社会福祉法人 一麦福祉会

Copyright © 2016, Hitomigi Fukushikai All rights reserved.